【ソシオ熊谷】熊谷流通センター

「安心・安全」まちづくりへの取り組み

  • HOME »
  • 「安心・安全」まちづくりへの取り組み

「安心・安全」まちづくりとは

組合員に共通するリスクの一部(具体的には、大規模災害への対応)を組合中心で整備し、最終的には、団地内にとどまらず、近隣住民の「安心・安全」にも寄与することを目的としたもの。
熊谷市・行田市等の連携により、埼玉県の北部全域を見据えた、より広域な「安心・安全」まちづくり、『ソシオ構想』(彩北セーフティ都市)を目指している。

ソシオ構想

行政との防災協定

埼玉県と「大規模災害時における救援物資対応に関する協定」を締結 2016年2月
埼玉県と「大規模災害時における救援物資対応に関する協定」を締結
熊谷市と「災害時における物資の供給等に関する協定」を締結 2012年4月
熊谷市と「災害時における物資の供給等に関する協定」を締結
行田市と「災害時における物資の供給等に関する協定」を締結 2012年8月
行田市と「災害時における物資の供給等に関する協定」を締結

【埼玉県】
首都圏直下地震等の大規模災害発生時に、「災害時応援物流団地」として、物資の提供や支援物資の一時保管に協力する内容としたもの。

【熊谷市・行田市】
災害発生時、問屋町内の組合が管理する公園等の施設を一時避難場所として提供、また、食・飲料品・医薬品及び作業用品の物資を提供することを内容としたもの。

防災組織

団地内を7つのブロックに分け、ブロック毎にリーダーおよびサブリーダーを選定し、「自助・共助」による災害被害軽減(減災)になるよう組織している。

ソシオ ブロック図

活動内容

組合では年に1回、熊谷中央消防署の協力のもと団地内全域で行う「総合防災訓練」や、外部講師によるAED操作、BCP演習の講習会等を実施している。

総合防災訓練1
総合防災訓練2
総合防災訓練3
総合防災訓練4
総合防災訓練5
総合防災訓練6

第9回組合防災訓練の様子(テレビ放送分)

J:COM 熊谷・深谷 デイリーニュース(2019年11月13日放送)

行田ケーブルテレビ 浮き城かわら版(2019年11月15~18日放送)

組合から発行した防災啓発物

PAGETOP
© 2018 SOCIO KUMAGAYA